Top
 
   
   
 
   
イチジク
    (写真はイメージです。)
         
イスラエル   ドライフィグ   いろんなイチジク
白イチジク(スミルナ系)(*)   ドライフィグ
(スミルナ系=トルコ産)
  いろんなイチジク
 
youtube book 4kcinema  
 

日本に初めて持ち込まれた西洋イチジク/長崎の宣教師の庭に/実らず、普及、定着しなかった?!


イチジクは美容効果が期待され、栄養豊富なことで人気の果物だ。夏から秋にかけて青果店に広く出回るが、国内ではいつ、どこで栽培が始まったのだろうか。その謎を解く鍵は、南蛮の異国情緒あふれる長崎にあった。

リスボン大(ポルトガル)のペドロ・ラージュ・レイス・コレイア氏(註1)の研究論文によると、キリシタン時代の16世紀末、西洋から日本に初めて持ち込まれたイチジクの苗は白系(白イチジク)の「ブリゲソテス」で、長崎にあるイエズス会の宣教師たちのレジデンシア(駐在所)の庭に植えられたとする。
一般的に知られている赤紫色のイチジクではなく、白イチジクだという。一体、どんなイチジクなのか!?
イチジク属は約800種以上もあるといわれており、果樹の専門家で恵泉女学園大(東京)の小林幹夫名誉教授は「これまでに聞いたことのない品種だ」と話す。・・・

伝来当時、イチジクは何と呼ばれていたか?

宣教師たちはなぜ、イチジクを日本に持ち込んだのか?

イチジクはその後、どうなったのか?・・・

最新の研究を紹介しながら、その謎に迫ります。詳しく>>>

(2022/10/18)

(1)リスボン大のペドロ・ラージュ・レイス・コレイア氏(Pedro Lage Reis Correia.1973〜)〜アジア研究学科(歴史学)
Professor convidado/assistente na licenciatura em Estudos Asiáticos da Faculdade de Letras da Universidade de Lisboa (desde o ano lectivo de 2011/2012)

(*)写真提供=デルタインターナショナル。イチジクの産地として世界有数のトルコ産ドライフィグ(スミルナ系)を扱っている。

 
     
  線  
     
       
「天草キリシタン10の謎」   「イソップ物語」   「天草キリシタン10の謎」(天草テレビ出版、2020年10月発行。アマゾンで販売中!)
天草コレジオの所在地を示す史料「1601年度イエズス会年報(大英図書館蔵)や、「島原の乱」関連古文書〜天草四郎の目撃情報など幕府側の報告書47枚、53点(個人蔵)、東京大学総合図書館、東京大学史料編纂所、京都外国語大学附属図書館などが所蔵する貴重な資料を約100ページにわたって原本の写真を図録として収めました。
「天草キリシタン10の謎」の表紙
(天草テレビ出版・アマゾンで好評販売中!)
  新発見の大英図書館に現存する史料などを輯録
「天草キリシタン10の謎」の史料輯。アマゾンで好評販売中!
 
       
表紙   動画再生   「天草の魅力を探る文化と歴史ガイドブック」(天草テレビ出版、2022年1月発行。アマゾンで好評販売中!)
本書は他所にはない天草の魅力とは何か、文化と歴史を紐解き、若い人たちに学んでもらおうと書かれたものだ。文化編と歴史編に分かれ、それぞれ3つのエピソードで構成されている。文化篇では天草を訪れた文豪、夏目漱石や天才画家の青木繁、童謡詩人の野口雨情を紹介。詳しく>>>
「天草の魅力を探る文化と歴史ガイドブック」の表紙
(天草テレビ出版・アマゾンで好評販売中!)
  スマホやタブレットで動画視聴!漢字に総ルビ!内容見本
「天草の魅力を探る文化と歴史ガイドブック」
アマゾンで好評販売中!