Top
 
   
   
 
 
 






天草の夏祭りを代表する「本渡夏まつり」(同祭実行委員会主催)が8月4日、「天草子ハイヤ」を皮切りに始まった。

午後7時、熊本県本渡市中央新町憩いの広場の特設ステージで、オープニングセレモニーのあと、市内の箱の水保育園の園児、藤本清成くん(5歳)と浪瀬希ちゃん(6歳)が元気よく誓いの言葉を述べ、スタート。

市内の17の幼稚園、保育園の園児ら約800人が保母や父兄たちに見守られながら、かわいい「ハイヤ」のかけ声と振り付けで、銀天街から中央通りを練り歩いた。
子ハイヤは今年で3回目になる。

沿道は我が子や孫のハッピ姿をカメラで撮影しようと、はりきる父母や祖父母たちの姿が見られ、約1,300人の見物客で賑わった。

天草五橋開通を記念して始まった本渡市のハイヤ祭りは、今年で36回目。
主催者側では夏祭り期間中、のべ約12万人の人出を予想している。





 

 
 

 


(ブロードバンド Broadband)

 

            

  

 
 



 

 

 

Copyright,2001-2003 amakusa.tv. All rights reserved.