Top
 
   
   
 
 

 

 


1本4万円で落札!
日本で一番早い「春マツタケ」初出荷

暦の上で穀雨のあとの4月23日、熊本県本渡市の青果市場に「春マツタケ」が初出荷され、1本4万円で落札された。

長さ9センチ、重さ20グラム。秋のマツタケと同じ品種で、独特の香りが漂う。(写 真・拡大して見る)「春マツタケ」は温暖な気候の天草地方が日本で一番早く収穫される。稀少品として、珍重され、高値で取り引きされるため、庶民の口にはほど遠いものだ。

今年はマツタケの生育に必要な春雨も少なく、収穫も1週間ほど遅れ、1本だけの初出荷となった。この日、100万円から競りが始まり、市内の青果 商、家吉敏文さん(60歳)が競り落とした。例年だと即日、東京の料亭に買い取られるが、このところの不況で今年は引き合いもないという。

 

(2001.4.23)

 

 

 


(ブロードバンド Broadband)

 

            

  

 
 



 

 

 

Copyright,2001-2010 amakusa.tv. All rights reserved.