Top
 
   
   
 
 
 

 

 
 
 
     

上天草市大矢野町湯島で2011年6月9日、「フカ狩り」があった。
はえ縄にかかったフカ(サメ)をクレーンで引き揚げる様子が、新聞やテレビで報道されていた。
熊本県の調査船のクレーンで引き揚げるのが伝統漁法か?という問題もあるが、若い記者諸君はご存じないかもしれない。天草にはこれこそ正真正銘!伝統の「フカ狩り」があった。
(写真上は昭和初期の「フカ狩り」の様子=旧天草郷土資料館提供)

  続きを読む>>>  
 
 
   
 新番組 「オピニオンリーダーに聞く!」
   
全くの無駄金!
「広域ネットワーク事業」「Webの駅」事業の問題点
 
新番組「オピニオンリーダーに聞く!」
中嶋昭道氏(電気通信工事業代表)
無料番組

         
 

 天草市内の公共施設を光ファイバー網で結ぶ「広域ネットワーク事業」や、ネット上に仮想のビルを建て、情報集積、天草情報の提供、発信を行う「Webの駅」の情報化事業について、中嶋電子工業代表中嶋昭道氏(70歳・天草市)にお話をお聞きした。

 安田公寛市長が執拗に進めようとしているこの事業。天草でもブロードバンドが普及した現在、何を考えているのか税金を使って、自前で光ファイバー網を引こうとするもので、当初から地元ケーブルテレビ事業者等との癒着を指摘されていた。天草合併時に3町が離脱のきっかけにもなったいわく付きの事業だ。運営を含めた総事業費が百数十億円にもなるともいわれる。合併後も安田市長が、旗振り役をしている。

 中嶋氏によれば、この事業は全くの「無駄金!」と斬り捨てる。
 また「Webの駅」構想で市が行う情報集積はプライバシー漏洩(ろうえい)など問題が多い。責任は一体だれが取るのか、と厳しい指摘をする。

本当に必要か!?「広域ネットワーク事業」「Webの駅」事業の問題点
(番組内容から)
◎何が問題なのか
◎ケーブルテレビのための事業か?営利企業に協力する公共事業だ!
◎市職員のスキルではこれはできない!
◎運営も含めた総事業費が百数十億円!?
◎全く無駄金!市民は黙っていない!
◎「Webの駅」で自治体が個人情報収集!
◎誰が責任を取る?プライバシー漏洩の問題
◎今のインフラを活用する方法

 中嶋氏は電気通信工事業の第一級有線テレビ放送技術者で、NHKの難視対策で共同アンテナの工事等を行う会社の代表。


(番組 日本語:14分35秒 Program:14min35sec Japanese edition)

 
     
 
 
     
 
     
 
 
 
合併後の現状と問題点
新番組「オピニオンリーダーに聞く!」
天草市議会議員平石水穂さん(無会派・市民環境委員)
 

         
 

旧天草町では合併後、土木建築業の倒産や、観光客の減少による下田温泉街の不振などが社会問題になっている。
また、市長が旗振り役で、総額百数十億円もかけてインターネットの公共ネットワーク・「ウェブの駅」を計画しているが、問題点はないのか?
元天草町長で天草市議会議員平石水穂さん(59歳)に合併後の天草市の現状と、今後の問題点などをインタビューした。

1.新市合併後の現状
2.市民の請願書を議長が握りつぶした問題
3.観光協会に市職員を派遣する問題
4.公共ネットワーク・「ウェブの駅」の問題点
5.天草に明るい未来はあるのか?


(番組 日本語:15分46秒 Program:15min46sec Japanese edition)

 
     
 
 
     
 
     
 
 
コラム「オピニオン」バックナンバー
 

 

現在はインターネットで情報は瞬時に全世界を駆けめぐり、きっとこの様子は遠く、バチカンにまで届くことでしょう。
その時、こういった市の暴挙に対し、ローマ法王はどう判断を下されるのでしょうか?

 
 
 
     
 

 

 文化庁が募った世界遺産候補に長崎県の「長崎教会群とキリスト教関連遺産」が今年1月、国内候補となった。その際、隣県も含めて検討するよう指摘があったため、天草の大江、崎津教会も候補に挙がってきた。天草市は6月議会で「世界遺産登録推進事業」として予算を可決。7月29日、大学教授を中心とした学術検討委員による現地調査を行い、翌日には天草市役所で第1回検討会を行った。しかしマナーの悪い観光客に頭を痛める教会や信者、地域住民には拒否反応すらあり、世界遺産登録への合意形成のないまま、行政側の「見切り発車」との声が出ている。

 
 
 
 

 

天草テレビの宿泊情報コーナーで、旅館の人気投票の結果がこのほどまとまった。
これは一般の人たち(天草テレビを訪問した全国のネットユーザー:投票総数799)による人気投票によるものだ。

 
 
 
 

 

最近、天草では観光ホテルや観光施設の閉鎖が目立って多くなりました。
その施設のほとんどが37年前の天草五橋ができた後、オープンしたものがほとんどです。

天草の代表的な施設として天草四郎の陣中旗を展示している本渡市の天草キリシタン館があります。
ここの入館者は天草五橋ブームに湧く72年の13万人をピークに年々減少して、昨年はとうとうその半分の約6万人でした。
今年は、昨年同月期に比べると、増加しているということですが、一部の施設、人気旅館を除き、天草全体では観光客の減少、それに長引く不況が追い打ちをかけているような状況です。

 
 
 
 

 

都会では街頭でブロードバンド用のモデムを無料で配布し、加入者増加のためのキャンペーンまでやっているという。
そんな話を聞くと、田舎ではうらやましい限りだが、天草テレビの本社も6月末やっとFTTH(光ファイバー・Bフレッツ)を導入した。
工事費無料キャンペーン、しかも3ヶ月間プロバイダー料も無料とあって、良いことずくめだ。
噂によると各社の無料キャンペーンを渡り歩き、ず〜っと、無料体験をしている強者もいると聞く。

なんとま〜、良い時代になったことか。
十数億円もかけなくてもただで利用できる(?)高速ネット時代が、もうすぐそこまで来ている。

 
 
 
 

 

米国では昨年の暮れあたりから、ネット関連をはじめとするナスダックの株式市場大暴落で、資金繰りがうまくいかずに、企業の倒産やリストラで、多くの失業者が出て、ネットバブルは崩壊したともいわれている。
会社名からドットコムの名前を削るところも出てきて、今やドットコムの否定で、「ノットコム」と呼ばれるようになっている。

 
 
 
 

天草学林(アマクサコレジオ)はどこにあったか、その跡地をめぐって、島では熱い論争が展開されている。
「欺瞞を暴く」、片や「歴史のねつ造」と主張。泥仕合化しそうな様相になってきた。

論争の争点は何か、何が問題となっているのか、論争を追ってみた。

 

 
 
 
    ★天草テレビの最新番組や人気番組を今話題のケータイ「iPhone」やiPod、Apple TVでご紹介するビデオPodcastサービスを開始しました。
★番組サンプル無料公開中!
★会員専用ページで番組を配信中です。ご入会はこちらから>>>

左のリンクをクリックすると、iTunesのPodcastを自動購読できます。
*iTunesがインストールされていないWindowsユーザは自動購読できませんので、購読にはAppleサイトからiTunesのダウンロード(無料)が必要です。
   
 

動画再生ソフトはウインドウズメディアプレイヤー(Windows Media[tm]Playerバージョン7以降:Macも対応)、
1Mbpsの大画面表示はウインドウズメディアプレイヤー(Windows Media[tm]Playerバージョン9)が必要です。
無料ソフトのダウンロードは下記のリンクをご利用下さい。
また、動画再生の動作確認はこちらでできます。

   
 
www.microsoft.com/japan


       
   
サイトマップ  動画を見るには  お問い合わせ 会員登録 会員入口

 会社概要  ご利用規定  マスコミでの紹介 サイト登録・リンク 
 
   
     
 
Copyright,2001-2011 amakusa.tv. All rights reserved.