次々に起こる超常現象!


竜王宮 鳥居奉納物語



天草市牛深・魚貫崎にある竜王宮で2015年8月18日、鳥居完成奉納式典が行われた。 式典には鳥居を奉納した中原義明さん(66歳・大阪市)やその同級生、そして町の区長会長を始め、約40人が出席した。

竜王宮は池田池のほとりに作られている。
この池は周囲800mもあり、天草で最も大きい池で、外海からの波により、砂礫が堆積してできた池だ。
 
古い伝承によればこの池には大蛇が住んでいると言われ、地元の人たちは大蛇池と呼んでいる。
この地区には大蛇にまつわる様々な伝説や石碑も残されていて、竜王宮にはその大蛇が神として奉られています
。 ほこらには江戸時代末期の1840年(天保11)に建立したことが記録され、古くから信仰されていたことが分かる
中原義明さんは現在、大阪市在住。
この竜王宮にはこれまで鳥居がなかったため今回、建立し、奉納した。
先祖がほこらの建設をしてから実に175年ぶりのことだ。

中原さんによれば今回の、鳥居建設のきっかけにもなった「世にも不思議な体験」をしたと言う。
その不思議な体験とは、一体どんなものだったのか?・・・

ふるさとへの感謝の気持ちで鳥居を奉納した中原さん、またそれを助けた同級生たちを描くドキュメンタリーです。

出演:土佐谷正幸 土佐谷和孝 ほか

ナレーション:嶽本秀子

(2015.9)



PLAY(番組本編=20:58 フルHD/1080p)
PLAY(番組本編=20:58 4K Digital Cinema/2160p=会員様のみ公開)