Top
 
   
   
 
   
股覗き
     
 
youtube book 4kcinema  
 
         
前   逆さに   信福寺があった場所
見え方の例を紹介   風景は逆さに   (イメージを表すために画像加工しています)
line

天草・富岡城に「股のぞき台」設置/目の錯覚で感動体験


熊本県苓北町は富岡城本丸内に「股のぞき台」を作り、新たな観光資源として売り出した。長崎県島原半島や雲仙普賢岳、富岡港、そして巴湾から鳥のくちばしのように曲がって延びた砂州が一望できる場所に「股のぞき台」2台と案内板を設置した。

「股のぞき台」は1900(明治33)年頃に設置されたといわれる「日本三景」の天橋立(あまのはしだて)で知られる京都府宮津市の傘松公園がすでに有名。(註1)股の間から景色を眺めると空と海の景色が逆になる。また視界が明るくなって対象物が鮮やかに見え、距離感がわかりにくくなるという。立命館大学の東山篤規名誉教授は股のぞきが姿勢の違いによる目の錯覚で、不思議なものの見え方を科学的に解明。2016年、人々を笑わせ考えさせた研究に贈られるイグノーベル賞を受賞し、世界から注目された。(註2)

普段見慣れた風景が違って見えるこの「股のぞき台」。同町の90代女性に尋ねると「大和撫子(やまとなでしこ)じゃけん、そがん格好は恥ずかしか」と顔を赤らめ、また60代の男性は「薄くなった頭を他人に見られるのが嫌」と消極的な意見もある中、町の担当者は「それ以上の感動体験が得られます」と盛んにPRしている。
(金子寛昭)
(2024/1/6)

◎註:
2022年、実施した旅行業者などを対象にしたモニターツアーの参加者からアイデアが出され、熊本地震復興観光拠点整備等推進交付金(熊本地震復興基金)を活用し(1/2補助)、総工費は3,289,000円。股のぞき台(2基)、説明看板、誘導看板を2023年11月14日に設置。
(註1)天橋立「股のぞき」
https://www.city.miyazu.kyoto.jp/site/citypro/4509.html

(註2)立命館大学の東山篤規名誉教授が2016年にイグノーベル賞を受賞
https://www.rikelab.jp/post/3797.html

イグノーベル賞
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9

line
       
「天草キリシタン10の謎」   「イソップ物語」   「天草キリシタン10の謎」(天草テレビ出版、2020年10月発行。アマゾンで販売中!)
天草コレジオの所在地を示す史料「1601年度イエズス会年報(大英図書館蔵)や、「島原の乱」関連古文書〜天草四郎の目撃情報など幕府側の報告書47枚、53点(個人蔵)、東京大学総合図書館、東京大学史料編纂所、京都外国語大学附属図書館などが所蔵する貴重な資料を約100ページにわたって原本の写真を図録として収めました。
「天草キリシタン10の謎」の表紙
(天草テレビ出版・アマゾンで好評販売中!)
  新発見の大英図書館に現存する史料などを輯録
「天草キリシタン10の謎」の史料輯。アマゾンで好評販売中!
 
       
表紙   動画再生   「天草の魅力を探る文化と歴史ガイドブック」(天草テレビ出版、2022年1月発行。アマゾンで好評販売中!)
本書は他所にはない天草の魅力とは何か、文化と歴史を紐解き、若い人たちに学んでもらおうと書かれたものだ。文化編と歴史編に分かれ、それぞれ3つのエピソードで構成されている。文化篇では天草を訪れた文豪、夏目漱石や天才画家の青木繁、童謡詩人の野口雨情を紹介。詳しく>>>
「天草の魅力を探る文化と歴史ガイドブック」の表紙
(天草テレビ出版・アマゾンで好評販売中!)
  スマホやタブレットで動画視聴!漢字に総ルビ!内容見本
「天草の魅力を探る文化と歴史ガイドブック」
アマゾンで好評販売中!