Top
 
   
   
 
 
   
野口雨情詩新発見
     
 
youtube book フルHD
 
  <会員様には高画質=フルハイビジョンの映像がご覧頂けます。>  

野口雨情 未発表の詩発見!
天草初来島の年分かる


「赤い靴」や「シャボン玉」など国民的な童謡や民謡で童謡界の三大詩人と謳われた野口雨情氏(1882〜1945年)の未発表の詩がこのほど、熊本県天草市で発見された。
また、詩が書かれた短冊には裏書きがあり、雨情氏が天草に初めて来た年は1925年( 大正14年)であることが分かった。
詩は雨情氏直筆で、短冊に墨で書かれ、天草の山で雉子(キジ)が啼く様子を謡っている。

「山で雉子啼く雉子ャ天草の
山でほろゝとほろ叩く 雨情」

また裏には所有者であった野口仙太郎(元教師・天草市=1895〜1977年)さんが「大正拾四年八月十日朝野口雨情先生よりいただく 野口溪山」と自分のペンネームで書き記していた。
雨情氏はこれまで天草に三度、来島したことが知られている。
同氏は九州日日新聞の取材を受けて「多年憧れの天草へ」1934年(昭和9年)10月17日付の記事中、「天草は十年前に一度実地に来たことがある。(後略)」とその時は二度目であることを語っている。
短冊の裏に「大正拾四年八月十日」と書かれていることから、雨情氏が天草に初めて来た年は1925年(大正14年)であることが裏付けられた。野口雨情研究また天草文化史上、重要な発見といえる。

故・仙太郎さんの長男の嫁にあたる野口久仁子さん(80)は「義父は雨情氏が宿泊した旅館のご主人と同級生で、呼ばれて行きその時、書いてもらったものだろう。裏書きがあったことは今回初めて知った。お役に立ててうれしい」と語った。

(2013/1/17)

雨情 雨情 雨情
         

野口雨情氏直筆短冊

 

野口雨情氏直筆サイン

 

年が入った裏書き

 
 


<関連リンク>
◎番組「赤い夕日は天草灘に」
 
野口雨情記念館野口雨情生家資料館(北茨城市)
     
 
 
電子書籍表紙
 

『赤い夕日は天草灘に!平成に蘇る野口雨情と古関裕而の唄』<改訂版>=電子書籍・番組ガイドBOOKシリーズ=

古関裕而さんの直筆譜面を発見!半世紀ぶりに再演
被災地との架け橋に

天草下田温泉。
歴史は古く、湯治場として人気があるが、著名人や文化人もたくさん訪れている。
ここにはかつて戦前、「赤い靴」や「シャボン玉」など国民的な童謡や民謡で広く知られている野口雨情が作詩しその後、「君の名は」や「鐘の鳴る丘」「栄冠は君に輝く」などを作曲して数多くのヒット曲で知られている古関裕而さんが付曲した「下田温泉小唄」があった。・・・

最新の研究成果を加えた改訂増補版ができました。(2013/3/11)
<目次>〜全45ページ
○口絵
○表題
○赤い夕日は天草灘に!
○続報・直筆書発見
○続報・初来島年が分かる
○HDビデオ動画「赤い夕日は天草灘に!」24分46秒
○HDビデオ動画「続・赤い夕日は天草灘に!」9分08秒
○HDビデオ動画「野口雨情 未発表の詩発見!天草初来島の年分かる」(6分59秒)
(=YouTube外部リンク=ビデオ動画はWi-Fi等のネットワーク環境でご利用いただけます。)

★天草テレビ 編集部編
Published by AmakusaTV.Co,Ltd
★料金Price(JPY):
¥980
 
   

 
 
 
 
   
    ★天草テレビの最新番組や人気番組を今話題のケータイ「iPhone」やiPod、Apple TVでご紹介するビデオPodcastサービスを開始しました。
★番組サンプル無料公開中!
★会員専用ページで番組を配信中です。ご入会はこちらから>>>

左のリンクをクリックすると、iTunesのPodcastを自動購読できます。
*iTunesがインストールされていないWindowsユーザは自動購読できませんので、購読にはAppleサイトからiTunesのダウンロード(無料)が必要です。
   
 

動画再生ソフトはウインドウズメディアプレイヤー(Windows Media[tm]Playerバージョン7以降:Macも対応)、
1Mbpsの大画面表示はウインドウズメディアプレイヤー(Windows Media[tm]Playerバージョン9)が必要です。
無料ソフトのダウンロードは下記のリンクをご利用下さい。
また、動画再生の動作確認はこちらでできます。

   
 
www.microsoft.com/japan