Top
 
   
   
 
 
   
野口雨情直筆書発見
     
 
youtube book フルHD
 
     

野口雨情 直筆書発見!
80年前天草を民謡行脚


今から80年前に野口雨情氏が書いたとされる直筆の掛け軸が熊本県天草市五和町でこのほど、発見された。雨情氏が天草に滞在したときに作った新民謡の中の一つと考えられ、関係者は貴重な発見と驚いている。 2014年2月8日に来島予定の孫で研究者の野口不二子さん(70歳=茨城県北茨城市)に鑑定を依頼する。

掛け軸は横33センチ、縦136センチで、
「南不知火(しらぬひ)北有明よ 船は島々通(かよ)て来る」
と和紙に揮毫している。
詩の始めに雨情氏の冠帽印「草深所」が押され、さらに雨情のサインの後に落款印「情仙」が押されていて、彼自身が書いたことを証明している。
城河原小学校7代目校長でその後、城河原郵便局長だった井下良市さん(1953年没)が所有していたものを、息子の由己さん(93歳)が保管していた。

野口雨情氏は「赤い靴」や「シャボン玉」など国民的な童謡や民謡で広く知られ、北原白秋、西条八十と並び、日本三大詩人のひとりといわれている。
今から80年前の1934年(昭和9年)10月15日、当時、九州日日新聞社の招きで、翌年3月から行われる「新興熊本博覧会」で歌われる郷土新民謡を作詞するために、天草にも来たことが同新聞記事に書かれている。
本渡の旅館「苓州館」や牛深「阿和屋」に泊り、同月19日熊本経由で帰京するまでの5日間、天草各地を行脚したことが分かっている。

本渡を詩った新民謡は彼の詩作ノート「旅の風草」に9節書かれていて、その時の作品と思われる。現在、天草に直筆書が残っているのは本渡城に上り、落城の時の様子や兜梅(かぶとうめ)伝説を聞き、それを詠んだ詩、十万山の栄えの桜を詠った詩などが残っており、確認されたのは今回3つ目で、大変重要な発見といえる。

また、五和町城河原小学校の校歌も作詞しており、2014年2月9日に行われる閉校式で、閉校記念式典実行委員会ではこの掛け軸を展示する予定だ。

(2014/2/3)


<関連リンク>
◎番組「赤い夕日は天草灘に」
 
野口雨情記念館野口雨情生家資料館(北茨城市)
     
 
 
電子書籍表紙
 

『赤い夕日は天草灘に!平成に蘇る野口雨情と古関裕而の唄』<改訂版>=電子書籍・番組ガイドBOOKシリーズ=

古関裕而さんの直筆譜面を発見!半世紀ぶりに再演
被災地との架け橋に

天草下田温泉。
歴史は古く、湯治場として人気があるが、著名人や文化人もたくさん訪れている。
ここにはかつて戦前、「赤い靴」や「シャボン玉」など国民的な童謡や民謡で広く知られている野口雨情が作詩しその後、「君の名は」や「鐘の鳴る丘」「栄冠は君に輝く」などを作曲して数多くのヒット曲で知られている古関裕而さんが付曲した「下田温泉小唄」があった。・・・

最新の研究成果を加えた改訂増補版ができました。(2013/3/11)
<目次>〜全45ページ
○口絵
○表題
○赤い夕日は天草灘に!
○続報・直筆書発見
○続報・初来島年が分かる
○HDビデオ動画「赤い夕日は天草灘に!」24分46秒
○HDビデオ動画「続・赤い夕日は天草灘に!」9分08秒
○HDビデオ動画「野口雨情 未発表の詩発見!天草初来島の年分かる」(6分59秒)
(=YouTube外部リンク=ビデオ動画はWi-Fi等のネットワーク環境でご利用いただけます。)

★天草テレビ 編集部編
Published by AmakusaTV.Co,Ltd
★料金Price(JPY):
¥980
 
   

 
 
 
 
   
    ★天草テレビの最新番組や人気番組を今話題のケータイ「iPhone」やiPod、Apple TVでご紹介するビデオPodcastサービスを開始しました。
★番組サンプル無料公開中!
★会員専用ページで番組を配信中です。ご入会はこちらから>>>

左のリンクをクリックすると、iTunesのPodcastを自動購読できます。
*iTunesがインストールされていないWindowsユーザは自動購読できませんので、購読にはAppleサイトからiTunesのダウンロード(無料)が必要です。
   
 

動画再生ソフトはウインドウズメディアプレイヤー(Windows Media[tm]Playerバージョン7以降:Macも対応)、
1Mbpsの大画面表示はウインドウズメディアプレイヤー(Windows Media[tm]Playerバージョン9)が必要です。
無料ソフトのダウンロードは下記のリンクをご利用下さい。
また、動画再生の動作確認はこちらでできます。

   
 
www.microsoft.com/japan