Top
 
   
   
 
 

 
     

新春特別番組・天草二郎デビュー!Vol.1
天草、もぎたてレタス、そしてツルちゃんに感動!
水木れいじさんに出会った!編

 
       
「別れの一本杉」「矢切の渡し」「王将」などの曲で知られる作曲家の船村徹さんの、歌の魅力にひかれた天草出身の濱崎龍司さん(天草郡有明町上津浦出身)が、2005年(平成17年)5月25日に「天草二郎」の芸名でデビューする。(写真・下左)
そしてデビュー曲の作詞を担当する水木れいじさん(作詩家)がこのほど、天草を訪れ、天草テレビの女子アナことツルちゃん(88歳)と出会った。
 
作曲家・船村徹さん
   
 
   
濱崎さんは地元の高校を卒業後、関西の電気設計の会社に就職したが、船村さんの歌の魅力に心をうたれ、弟子になろうと一大決心。
退社し、上京した。
そして、やっとの思いがかなって、船村先生の内弟子になる。

そして船村先生と寝食を共にし修行。9年半後の今春、レコード会社の日本クラウンから「天草二郎」の名前でデビューすることになった。
 
「天草二郎」の名前でデビューする濱崎龍司さん
   
 
   
 

船村先生に9年半の内弟子修行

 


デビュー曲を作るにあたり、船村先生が作詞を担当する水木れいじさん(作詩家)に彼の故郷である天草を見てきて欲しいと頼まれたという。
そして天草テレビの女子アナことツルちゃんに会って、天草のいいところを自分の目で見て、確かめてきて欲しい、と話されたという。

天草を訪れた水木先生は天草テレビを訪問され、自宅の2階で社長1人だけで番組を制作する「世界一小さな放送局」インターネット放送局 天草テレビで、ツルちゃんの出演する番組をご覧になった。
そして世界最高齢・現役女子アナの誉れ高いツルちゃんの元気なリポートぶりに感動。

さっそくツルちゃんの自宅を訪問。
頭に手ぬぐいをかぶり、野良着姿で畑作業中のツルちゃんに出会った。
そこで水木先生はツルちゃんの栽培する無農薬の野菜の中から、もぎたてのサニーレタスをほおばる。
そして新鮮で、安全な野菜を食べながら、天草の自然の豊かさを、実感された様子だった。

自宅で取材用の衣装に着替えたツルちゃんは、水木先生にインタビュー。
元気に鍬(くわ)で畑を耕し、しかも現役女子アナのツルちゃんに、いたく感動したという水木先生。
「東京へ帰ったら、僕も足腰を鍛えて、立派な詩を書きます」と話した。
ツルちゃんも「天草二郎さんをみんなで応援しますよ!」と誓った。

2005.Jan

 

 

 

関連記事:「天草二郎デビュー!」
続報:天草二郎さんのデビュー曲「天草かたぎ」「出世払い」のレコーディングの様子が、作詩家・水木れいじさんのホームページでご紹介されています。(2005.3.15)

 

 

 

 

 
レタスをほおばる水木先生
 
 
鍬(くわ)で畑を耕すツルちゃん
   
 
「みんなで応援しますよ!」とツルちゃん
   
 

 


(ブロードバンド Broadband)

 

            

  

 
 



 

 

 

Copyright,2001-2005amakusa.tv. All rights reserved.