Top
 
   
   
 
 
   
白馬会第8回展展示目録
     
         
白馬会第8回展展示目録   卒業写真   イーゼル
「第8回白馬会展覧会出品目録」   美術学校卒業写真(明治37年6月)   見つかったイーゼル

天才画家・青木繁の「白馬会」出品目録や写真・絵道具も
日本近代美術史の新資料多数発見!

洋画家で日本近代美術史上に残る天才画家といわれる青木繁(あおき しげる 1882〜1911年)が1903(明治36)年、白馬賞を初めて受賞した時の出品目録や東京美術学校(のちの東京芸術大学)時代の写真、また彼が使ったと伝えられる絵道具など新資料が熊本県天草市で多数、見つかった。
福岡大学・人文学部・植野健造教授(日本近代美術史・写真上左)が青木と東京美術学校の西洋画科の同級生であった高木巌さん(1879〜1954年)の孫・聰さん(73歳・医師・写真上右)宅を2013年3月17日に訪問、調査して発見した。

青木は1900(明治33)年、東京美術学校西洋画科に入学し、黒田清輝らの指導を受ける。
1903(明治36)年、神話をモチーフにした作品「黄泉比良坂」(よもつひらさか =東京芸術大学所蔵)などを白馬会第8回展に出品、白馬賞を受賞した。青木にとって同展は画壇へのデビューを果たした記念すべき展覧会だった。さらに千葉県南部の布良(めら)に滞在し、「海の幸」(国指定重要文化財・石橋美術館所蔵=福岡県久留米市)など後世に残る作品を描き、白馬会第9回展に出品し、さらに注目を集めた。しかし白馬会の8回と9回の展示目録はこれまで見つかっておらず、出品作品の内容について不明な点が多かった。

「白馬会」は、1896(明治29)年6月に黒田清輝らを中心に結成された洋風美術団体で、同年秋に第1回展を開催して以後、1910(明治43)年までに13回の展覧会を開催し、翌年3月に解散した。同会は西洋の新しい芸術思潮と技術を基盤とし、日本の美術界、ひいては社会に与えた影響は大きいといわれる。

植野教授によると結成100年を記念した「白馬会展」が1996(平成8)年にブリヂストン美術館ほかで開催される。
この時図録も刊行され、1回から13回までの白馬会出品目録をデータ化したものが掲載されるが、その時点では、第7回〜第9回展の3回分の出品目録は発見されておらず、未確認だった。このため、画集や種々の展覧会評などからある程度、出品内容を再現したものを記載したという。
今回の発見は、「青木が初めて『白馬賞』を受賞する第8回展に何を出品したのかこれまで詳しいことは分からず、青木の死後に、友人らの証言や、図録から推測するしかなかった。目録によると油絵ではなく、水彩画、パステル画で『自画像』や『与茂都比良佐加』(草稿=よもつひらさか)もある。青木の研究のみならず、日本近代美術史研究で第一級の資料だ」と話す。

また、高木家には巌さんのアルバムが残っていて、青木が東京美術学校時代の写真が3枚あった。東京芸術大学にも残っていない写真も現存。人名などキャプションの書き込みもあり、大変貴重な資料だという。

さらに青木が亡くなる2年前の1909(明治42)年、高木家に居候する。天草滞在中、青木は「天草風景」(大原美術館所蔵=岡山県倉敷市)を描いているが、そのときに使ったとされる絵筆箱とイーゼルも残っていた。

植野教授は今回の調査について「貴重な資料がたくさん残っていて、宝の山だった。特に『明治三十六年 第八回白馬会展覧会出品目録』は20年以上も前から探していたものが見つかり、大変、衝撃を受けた。これほどの成果がある調査は珍しい」と話している。

(2013/3/25)

◎関連記事:

○寄稿「青木繁に関する新知見」植野健造(福岡大学教授)
○青木繁が使った絵筆箱天草で発見! 放浪と男の友情・天才画家・青木繁が描いた「天草風景」
○「天草放浪 天才画家青木繁が描いた天草風景」(外部サイト=蛇の目寿し公式サイト)

     
 
youtube book フルHD
 
     
 
 
電子書籍表紙
 

『赤い夕日は天草灘に!平成に蘇る野口雨情と古関裕而の唄』<改訂版>=電子書籍・番組ガイドBOOKシリーズ=

古関裕而さんの直筆譜面を発見!半世紀ぶりに再演
被災地との架け橋に

天草下田温泉。
歴史は古く、湯治場として人気があるが、著名人や文化人もたくさん訪れている。
ここにはかつて戦前、「赤い靴」や「シャボン玉」など国民的な童謡や民謡で広く知られている野口雨情が作詩しその後、「君の名は」や「鐘の鳴る丘」「栄冠は君に輝く」などを作曲して数多くのヒット曲で知られている古関裕而さんが付曲した「下田温泉小唄」があった。

しかし偉大な芸術家たちが作ったこの歌は、名曲でありながら、日本の高度経済成長と共に、時代の波に押し流されてしまい、次第に唄われなくなった。地元でこれを歌える人は今や、一部のお年寄りだけだ。もちろんレコードも無くなっていた。

天草テレビで取材を進めるうちに、作曲した古関裕而さんの直筆の譜面を発見!
これを元に童謡歌手の沖吉けい子さんの唄とピアノ演奏、さらに下田出身の藤本流藤本睦津満社中の三味線と尺八、太鼓の唄と演奏で、平成の今に蘇らせ、再現してみた。
実に半世紀、55年ぶりのことだ。

東日本大震災からちょうど1年。偉大な芸術家だった野口雨情は北茨城市、古関裕而さんは福島市出身といずれも今回の被災地で、今も早期の復旧、復興の支援が待たれている。「下田温泉小唄」の再演を通じて、天草から遠い被災地への祈りと願い、さらに埋もれてしまった地域の文化を再発見し、地域の振興につなげるのを目的に、天草テレビが開局10周年を記念し、企画・制作した。

最新の研究成果を加えた改訂増補版ができました。(2013/3/11)

<目次>〜全45ページ
○口絵
○表題
○赤い夕日は天草灘に!
○続報・直筆書発見
○続報・初来島年が分かる
○HDビデオ動画「赤い夕日は天草灘に!」24分46秒
○HDビデオ動画「続・赤い夕日は天草灘に!」9分08秒
○HDビデオ動画「野口雨情 未発表の詩発見!天草初来島の年分かる」(6分59秒)
(=YouTube外部リンク=ビデオ動画はWi-Fi等のネットワーク環境でご利用いただけます。)
3Video Program (24min46sec,9min08sec,6min59sec)
★天草テレビ 編集部編
Published by AmakusaTV.Co,Ltd

★料金Price(JPY):¥980
電子書籍表紙
 
   

 
 
 
ねw
日本経済新聞日経流通新聞(日経MJ)に掲載されました。 
 
   
    ★天草テレビの最新番組や人気番組を今話題のケータイ「iPhone」やiPod、Apple TVでご紹介するビデオPodcastサービスを開始しました。
★番組サンプル無料公開中!
★会員専用ページで番組を配信中です。ご入会はこちらから>>>

左のリンクをクリックすると、iTunesのPodcastを自動購読できます。
*iTunesがインストールされていないWindowsユーザは自動購読できませんので、購読にはAppleサイトからiTunesのダウンロード(無料)が必要です。
   
 

動画再生ソフトはウインドウズメディアプレイヤー(Windows Media[tm]Playerバージョン7以降:Macも対応)、
1Mbpsの大画面表示はウインドウズメディアプレイヤー(Windows Media[tm]Playerバージョン9)が必要です。
無料ソフトのダウンロードは下記のリンクをご利用下さい。
また、動画再生の動作確認はこちらでできます。

   
 
www.microsoft.com/japan