Top
 
   
   
 
 
こちら宇宙ステーション
 
仏紙「リベラシオン」に掲載された写真(上)
 

 

 
  マスコミで掲載、放送していただきました記事等の一覧です。
媒体別に掲載日、放送日順に並べてあります。
取材ありがとうございました。
 
 
     
  ■テレビ 2016年〜(平成28年〜)  
     
       
ふみちゃん

読売テレビ放送「朝生ワイドす・またん!&ZIP!」で放送

   

NHK BS1「読売テレビ放送で朝の情報番組「朝生ワイドす・またん!&ZIP!」に天草テレビの現役最高齢女子アナことふみちゃん(84歳)が登場しました。
「ミラクルご長寿大特集」で放送は2016年10月14日朝(読売テレビ系関西ローカル)

「朝生ワイドす・またん!&ZIP!」公式ページ(外部リンク)


       
 
       
ふみちゃん

NHK「本当にあった幸せ物語」で放送

   

NHK BS1「本当にあった幸せ物語 "84歳女子アナ"ふみちゃんの挑戦」に出演。

天草テレビを取り上げたまるまる50分間のドキュメンタリー番組です。
以下、NHKの番組紹介から。
「熊本県天草に住む"女子アナふみちゃん"こと田尻冨美子さん(84歳)。3年前、地元のインターネット放送局に女子アナとしてスカウトされた。天草弁丸出しのおばあちゃんならではの話術と親しみあふれるリポートで人気を博している。84歳になっても地域の活動に女子アナに、冨美子さんを駆り立てるものは一体何か。そして女子アナとして伝えたいこととは何なのか。84歳の女子アナの日々に密着した。笑いと涙の奮闘記!」
放送はNHK BS1で2016年3月16日夜9時〜同50分まで。

NHK「本当にあった幸せ物語」サイト(外部サイト)

◎ふみちゃん新番組「天草弁マイスター 養成講座」


       
 
       
ふみちゃん

KAB「くまパワNEWS」で放送

   

KAB熊本朝日放送「くまパワNEWS」に出演。

「最高齢女子アナミュージアム」のプロジェクトが始まったことを伝える報道ニュースで紹介。「現役最高齢女子アナ」のふみちゃんと金子寛昭代表がクラウドファンディングを使った支援を全国に呼びかけています。
放送は2016年3月16日夕方6時25分〜同54分まで。

(写真はクラウドファンディングトップページの写真)


       
 
       
ふみちゃん

「ご長寿女子アナ・ふみちゃんトキちゃんの京都すこやか旅」

   

現役最高齢!天草テレビの女子アナことふみちゃんとトキちゃんが、健康食品「フィットライフ コーヒー」のミル総本社(籔 修弥社長=京都市)を訪ねる通販番組に出演します。

天草を飛び出し、初めての京都ロケ。さて、どんな展開になるのか!お楽しみに。

放送は奈良、和歌山、三重、長崎、熊本などをかわきりに、全国放送予定。

(写真は番組収録風景)


       
 
     
  ■新聞 2016年〜(平成28年〜)  
     
       
西日本新聞

西日本新聞に掲載

   

西日本新聞(2016年12月8日付朝刊)に「下田温泉小唄、後世に 半世紀ぶり再現、継承へ機運」の見出しで記事が掲載されました。

「1羽のシラサギが傷ついた羽根を癒やしたとの伝承から白鷺(しらさぎ)温泉と呼ばれ、古くから湯治場として知られる天草市の下田温泉。風光明媚(めいび)なこの地から「下田温泉小唄」という民謡が、昭和の初めに誕生した。レコードにもなり当時は盛んに歌われたが、急速に欧米化が進んだ高度経済成長期以降、歌は廃れた。そして世は平成、音源すら残っていなかった歌が復活。熊本地震と東日本大震災を経験した二つの被災地の懸け橋となり、歌い継ごうという機運が高まっている。」(後略)と掲載されています。

また、新聞紙面と連動させQRコードで天草テレビの番組をスマホやタブレットで見られる試みもやっています。
(写真は掲載紙面)
関連番組「赤い夕日は天草灘に」

西日本新聞サイト(外部リンク)




       
 
       
西日本新聞

西日本新聞に掲載

   

西日本新聞(2016年10月7日付朝刊)に夏目漱石の修学旅行の記事が掲載されました。

「五高教師時代の漱石、天草で俳句詠む 村長の羽織短かき寒哉 修学旅行、軍事教練に同行」の見出しで「夏目漱石が旧制第五高等学校(熊本大)の教師だった1896(明治29)年、島原・天草の乱(1637〜38年)を再現した軍事教練が日程に盛り込まれた修学旅行に同行し、当時の体験を基に複数の俳句を詠んでいたことが、村田由美熊本大五高記念館客員准教授の研究で分かった。「村長の羽織短かき寒(さむさ)哉(かな)」など、後に歌人の正岡子規に送った句や、漱石全集に掲載された句が含まれる。」(後略)と掲載されています。
(写真は掲載紙面)
関連番組「夏目漱石の修学旅行〜島原・天草の乱を再現!生徒ら発火演習」

西日本新聞サイト(外部リンク)




       
 
       
西日本新聞

西日本新聞に掲載

   

西日本新聞(2016年10月7日付朝刊)に天草テレビ制作ドラマ「忘れ得ぬ人々」の記事が掲載されました。

「50年前に開通した天草五橋の架橋を訴え、奔走した若き町長と貧しい地元作家の交流を描いたドラマ「忘れ得ぬ人々」が完成し、制作したインターネット放送局の天草テレビ(天草市)がサイトで配信している。上天草市龍ケ岳町で9日(日)、ドラマの上映会が開かれる。(以下略)」と紹介している。
(写真は掲載紙面)

西日本新聞サイト(外部リンク)




       
 
       
西日本新聞

西日本新聞に掲載

   

西日本新聞(2016年9月22日付朝刊)「もっと九州」に天草テレビ制作ドラマ「忘れ得ぬ人々」の記事が大きく掲載されました。

「青い海に浮かぶ熊本県天草地域の島々を結ぶ天草五橋は24日、開通50周年を迎える。地域振興のため架橋の夢を追いながら、着工の直前に48歳で急死した人物がいた。当時の龍ケ岳町長(上天草市龍ケ岳町)森國久(1912―61年)。同町出身者と森の娘が功績をまとめた本を出版したり、地元インターネット放送局がドラマを制作したり、50周年を祝う行事と併せ、森を顕彰する動きが熱を帯びている。(以下略)」と紹介している。
(写真は掲載紙面)





       
 
       
熊本日日新聞

熊日新聞に掲載

   

熊本日日新聞(2016年9月9日付朝刊)に天草テレビ制作ドラマ「忘れ得ぬ人々」の記事が掲載されました。

「天草市のインターネット放送局「天草テレビ」(金子寛昭代表)は、24日の天草五橋開通50周年と同社の開局15周年を記念し、地元住民を俳優に起用したドラマの制作を進めている。タイトルは「忘れ得ぬ人々」。旧龍ケ岳町出身の作家・故島一春さんの目を通し、天草架橋に心血を注いだ同町町長の森國久の活躍と人物像を描くストーリー。(以下略)」と紹介している。
(写真は掲載紙面)





       
 
       
読売新聞

読売新聞に掲載

   

読売新聞(2016年3月15日付朝刊・県版)に「最高齢女子アナミュージアム」構想の記事が掲載されました。

「最高齢女子アナミュージアム 天草テレビが構想、ネットで募金」の見出しで、伝えています。
「天草市のインターネット放送局『天草テレビ』(金子寛昭社長)が、アナウンサーとして活躍するおばあちゃんたちの功績をたたえる『最高齢女子アナミュージアム』構想を進めている。16日から、ネットで資金を募る『クラウドファンディング』を活用して開設にこぎつけたい考えだ。」(後略)と掲載しています。
(写真は掲載紙面)

「84歳現役最高齢女子アナのふみちゃんが作るミュージアムを天草に」(レディーフォー=クラウドファンディングのサイト)




       
 
     
  ■ラジオ 2016年〜(平成28年〜)  
     
       
ヤギエコ

RKK「ラジオのたまご」で放送

   

RKK熊本放送「小松士郎のラジオのたまご 九州情熱人2016」で天草デザインプロジェクトが紹介されました。

プロジェクトリーダーの金子寛昭が出演し、ヤギを使ったイノシシ対策の取り組み「ヤギエコプロジェクト」が紹介されました。
放送は2016年9月19日夕方5時18分〜。

(写真はヤギエコ青空教室)


       
 
     
  ■雑誌 書籍 2016年〜(平成28年〜)  
     
     
  ■ネットメディア 2016年〜(平成28年〜)  
     
           
戻る(2015年)
  次のページへ(2017年)
 
  *年度別*  
     
  2016年(平成28年) 2017年(平成29年)   
  2011年(平成23年) 2012年(平成24年) 2013年(平成25年) 2014年(平成26年) 2015年(平成27年)  
  2006年(平成18年) 2007年(平成19年) 2008年(平成20年) 2009年(平成21年) 2010年(平成22年)  
  2001年(平成13年) 2002年(平成14年) 2003年(平成15年) 2004年(平成16年) 2005年(平成17年)  
     


 



Copyright,2001-2017amakusa.tv. All rights reserved.